働く中での悩みを軽減する方法

看護師の仕事の悩みで多く上がるのは、定時にあがれないことや、業務に追われて患者さんのケアに時間が取れない、同僚との軋轢、などがあげられます。その背景にあるのは、医療現場の慢性的な人材不足です。

忙しい日常の病棟勤務を例に挙げると、検温して清拭やオペ及び検査送り、そして昼の内服準備に食事介護、午後は治療や検査前の準備、その間に患者さんのご家族対応、そして夕方になり夜勤への申し送りをします。そこまで、ゆっくり腰を落ち着かせる時間もありません。多くの看護師が、忙しさに対してジレンマを抱えています。1人の仕事量がオーバーしていることから、もっとゆっくり患者さんと関わりたい、同僚ともコミュニケーションを取りたい、看護技術や病態について勉強したいと思っても、時間がなく忙しいので、心を配る時間が取れないのです。

それでもみな、努力をしています。限られた時間のなかで良い看護を提供しようとしています。しかし、努力を続ける人の中には、疲弊してしまい、辞めてしまう人も少なくありません。各病院では、こうした看護師が出ないように対策を練っています。先輩が後輩の話を聞く時間を設ける、定期的に病棟会を開いて悩みを共有するなどをしています。これから目指す人や新人さんは、現場に出たら、ぜひ悩みは一人で抱えず、周りに相談しましょう。医療現場はチームで動いているのです。決して、一人で抱え込んではいけません。それが患者さんのためにもなり、良い看護の提供にもつながるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です