モチベーションの上げ方

看護師が仕事をしていく上で悩みに持ってしまいがちなのがモチベーションです。若いうちには、新しいスキルを身につけることにも仕事に慣れていくことにも高いモチベーションを持てる傾向があります。

しかし、だんだん仕事に慣れが出てくると現場で医学的な知識をつけていくことに関してモチベーションが上がらず、実務がおろそかになってしまうこともあります。それが原因で医師が頭を抱えることになってしまったり、意思疎通に苦労して効率が低下してしまったりすることもよくあることです。それをだんだんと自覚しながらもモチベーションを上げられずに苦悩してしまい悩んでいる方もいるのです。

そのときに役立つ見方が、知識を私生活へつなげていくという視点であり、つけた医学的な知識があることで私生活がよりよいものにできるような診療科を選ぶというのがモチベーションを生むのに役立ちます。若い看護師の場合には、これから結婚して子どもを持つことになるでしょう。そのときに子どもがかかりやすい病気の症状や応急処置などを知っていると子育てのときに役立つことは明らかです。それをモチベーションにして働けるよう、小児科での勤務を希望してみるのもいい解決策となります。学べば学ぶほど仕事ができるようになっていくだけでなく、将来的に自分の子育てで子どもを元気に育てるのに役立つと考えると悩みも薄れていくことになるでしょう。そういった考え方で、転職先の診療科を選べば、きっと難なく働けるようになるしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です