仕事が評価されているかの判断

仕事熱心で職場に自分の人生をかけている人ほど、評価されない時に悩みを抱えてしまいます。そもそも出世は単純に業務能力だけでなく人間関係も関わっていますので、結果を出しているのに昇進できない場合は、周囲との関係性についても注意して考えてみましょう。

例えば上司の仕事の手際が悪い場合、自分の昇進に影響する成績も下げられてしまいますので気を付ける必要があります。他にも、直属の上司の覚えは悪くないはずだけれど特定の派閥に所属しているせいで上司から壁を作られているケースなんていう場合もあります。上司が、きちんと評価を下す姿勢をもっているかどうかを観察しなければいけません。責任あるポジションにいきたいのなら、任された職務だけを全うするのではなく昇進に必要な「キー」を見定める努力が欠かせないのです。

例えば、職場で管理職になれない悩みを抱えている場合、そもそも自分が協調性のある振る舞いをしているかどうか考えるようにしましょう。管理職は万人を平等な視線で見つめている人や、根回しの上手い人が勝ち取れる役職です。特定の人に対して好き嫌いが激しい人は向いていませんので、上司からそうした点を観察されている可能性があります。他にも職場で出世できない人は任された仕事しかこなさないと言う特徴があります。多少自分のプライベートな時間が削られたとしても熱心に働く社員の方が評価されやすいので、割り切って働く事が大切なのです。上司から声をかけられる前に率先して動く癖を身につけることも大事です。

上記の条件を満たしており、自分はしっかり頑張っているのに「評価されない」と感じるのであれば、専門スキルを生かして転職してみることをオススメします。職場の中には、どうしても人を見る目に偏りがある場所も存在します。自身の力を十分に発揮できないと思うのであれば、最適な居場所を探し出しましょう。求職活動をする前には、自分がいいと思っているボーダーラインよりも、スキルを磨いておいた方が安心です。転職を成功させるために、社会から求められる職能を伸ばすようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です